FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あぁ。

2008/02/11 00:07
(´・ω*;~.-/`













ちょ














コメ無いとか誰も見てねーの?(´・ω・)













まぁ。














小説は出来てないけど














一応詩出来たから














載せておくー
悲しい気持ち。
                 作:secret







僕は死にたいと思った。


いつ、


何処にいても、


邪魔扱いされる。


気が休まることはない。


僕がかなり頑張っていても、


すぐ否定される。


そう、「邪魔」と。


その一瞬に精神的ダメージがくらう。


頼まれたことをこなして、


働いているのに、


邪魔扱いされること。


どんなに頑張っても、


否定される。


僕は思う。


そう、否定される言葉をいわれるたびに、


何故そこまで人の気持ちが分からないのだろう。


と。


それでも僕は、


耐えている。


否定されて、


傷ついても、


相手に何も思わせないように。


しかし、


精神的ダメージの繰り返しで、


こう思う。


「何で?誰のために僕は耐えているんだ?」


「いつでも、どこでも人に邪魔扱いされてるし」


「死んでもいいんじゃないかな」


「どうせ邪魔なんだし」


「生きている価値は、ある」


「でも、邪魔なんだよ」


「自殺する人の気持ちはこんなのかな」


とね。


僕はかまくらの中で寝て考えていた。


「人って何でそこまで複雑なんだろう」


「繊細な事が分からないのか」


「でも」


「それに比べて、自然は良いよな」


「どんなに森林が伐採されても」


「どんなに水が汚れても」


「自然は人に優しくしてくれる」


そう考えた。


大体は何で死にたいとか考えるんだろう


とか思っているであろう。


しかし、これは悲しい気持ちに成ってやっと分かる。


”何に向かって歩んでいるんだろう”


と誰でも気づくだろう。


END













まじ軽く鬱になた(´・ω・)
スポンサーサイト



← なーんもなーい | Home | 小説が出来てきたぜよ(´・ω・) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

更新周期テキトーすぎだろ!
まあ俺もだけど。


つまり自然は素晴らしいってことっすね



Trackback

Trackback URL:
← なーんもなーい | Home | 小説が出来てきたぜよ(´・ω・) →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。